Garden of Words ~文庫の新刊情報発信ブログ~

しばらく活動を休止します。ひょっとしたら少し形を変えて別のブログと更新を統一するかもしれないので、またその時アナウンスします。

2017年9月20日発売の文庫新刊

潮書房光人社

光人社NF文庫

私記「くちなしの花」―ある女性の戦中・戦後史 (光人社NF文庫)

私記「くちなしの花」―ある女性の戦中・戦後史 (光人社NF文庫)

内容:
「俺が死んだらくちなしの花を飾ってくれる奴が一人」と、いとしき人への思いを日記に記して散華した若き学徒兵・宅嶋徳光(既刊NF文庫『くちなしの花』)との恋、そして別れ。死の病から生還をとげ、悲しみをのりこえ新しい愛を育んだある女性の波瀾万丈の人生。戦歿学生の心の支えとなった最愛の人が、思いのたけをこめて来し方を綴る感動の回想録。
蒼天の悲曲―学徒出陣 (光人社NF文庫)

蒼天の悲曲―学徒出陣 (光人社NF文庫)

内容:
日本敗戦の日から七日後、少年兵が目撃した九七艦攻の鹿島灘への突入。殉職か自決か。同期生たちの生と死――事実の奥にひそむ真実を抉り出すべく、名シナリオ作家が自らの体験を交えて描く歴史に埋もれた数々の人間ドラマ。「事件」の真相と心情を綴り、不条理の青春を記した感動作。
特攻長官 大西瀧治郎―負けて目ざめる道 (光人社NF文庫)

特攻長官 大西瀧治郎―負けて目ざめる道 (光人社NF文庫)

内容:
特攻に対する責任はすべて大西ひとりにあるのか。展望のない戦術への決断のときを描く。「特攻は最後の切り札であった。だが『神風』と名づけた切り札の特攻によっても戦局は好転しなかった。……ついに陸海軍も我を折り、降伏に踏み切らざるをえなくなった。特攻隊は、その犠牲によって終戦を実現させ、日本を壊滅寸前で救い、新日本を生んでくれた」<あとがきより>
日本陸軍の機関銃砲―戦場を制する発射速度の高さ (光人社NF文庫)

日本陸軍の機関銃砲―戦場を制する発射速度の高さ (光人社NF文庫)

内容:
弾丸を連続発射し、敵を制圧する威力を持った機関銃の登場によって戦場の様相は大きく変わった。日本銃器開発史に名を残す南部麟次郎の十一年式機関銃、九二式重機関銃、二式複座戦闘機「屠龍」搭載の三七ミリ大口径砲、画期的な防空システムであった二式多連高射機関砲など日本陸軍が装備した各種火器を、写真と図で詳解する。
海軍下駄ばき空戦記―同期の桜たちの生と死 (光人社NF文庫)

海軍下駄ばき空戦記―同期の桜たちの生と死 (光人社NF文庫)

内容:
母艦搭乗員として零式観測機を、また零式水偵を駆って水上機ひとすじに歩み、偵察に掩護に、そして爆撃に死闘をかさね、孤独な修羅場をくぐり抜けた不屈の男の空戦記。不況と貧困の時代に生まれ、大空に己れのすべてを賭けざるを得なかった「予科練」の若者たちの生と死を描いた感動の墓碑銘。

講談社

講談社タイガ

校舎五階の天才たち (講談社タイガ)

校舎五階の天才たち (講談社タイガ)

内容:
高校三年生の来光福音のもとへ届いたのは、自殺してしまった同級生からの手紙。彼の名は篠崎良哉。「天才」と名高く、見た目も人柄も完全無欠の男の子。彼の謎めいた遺書に導かれて、福音はもう一人の「天才」――人の心が読める女・加藤沙耶夏とともに行動を開始する。
宮司いずみ:
講談社文芸編集者による小説道場』で「小説道場 黒帯認定作品」に選ばれ、本作でデビュー。
謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

内容:
テーマは「館」、ただひとつ。
今をときめくミステリ作家たちが提示する「新本格の精神」がここにある。
奇怪な館、発生する殺人、生まれいづる謎、変幻自在のロジック――!
読めば鳥肌間違いなし。謎は、ここにある。新本格30周年記念アンソロジー第二弾。
収録作品:
東川篤哉『陽奇館(仮)の密室』
一肇『銀とクスノキ ~青髭館殺人事件~』
古野まほろ『文化会館の殺人 ――Dのディスパリシオン』
青崎有吾『噤ヶ森の硝子屋敷』
周木 律『煙突館の実験的殺人』
澤村伊智『わたしのミステリーパレス』
東川篤哉:
2002年、『密室の鍵貸します』でデビュー。ユーモアと本格ミステリの融合で高い評価を受ける。2011年『謎解きはディナーのあとで』で第8回本屋大賞を受賞。
一肇:
ニトロプラス所属。『少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語』や『フェノメノ 美鶴木夜石は怖がらない』など著作多数。
古野まほろ:
2007年、故・宇山日出臣氏に絶賛され『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。「臨床真実士ユイカ」シリーズをはじめ、論理に徹底的にこだわりながら青春小説としても高い評価をうけ、若い世代の支持を集めている。
青崎有吾:
2012年、『体育館の殺人』第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。平成のクイーンと呼ばれる端正かつ流麗なロジックと、魅力的なキャラクターが持ち味で、新時代の本格ミステリ作家として注目を集めている。
この著者の新刊お知らせを受け取る
周木律:
2013年、『眼球堂の殺人 ~The Book~』で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。現在五作が刊行されている「堂」シリーズのほか、講談社タイガにて「失覚探偵」シリーズ全三作を刊行。
この著者の新刊お知らせを受け取る
澤村伊智:
2015年、『ぼぎわんが、来る』で第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉を受賞。続く『ずうのめ人形』『恐怖小説 キリカ』でも評判を呼び、エンターテイメント小説界の次世代を担う旗手として一躍注目を集める。
奇跡の還る場所 霊媒探偵アーネスト (講談社タイガ)

奇跡の還る場所 霊媒探偵アーネスト (講談社タイガ)

内容:
「十年前、白バラが咲く英国庭園で『リーベル』という名の美女に出会った」叔父の思い出話を胸に英国へ留学した青年・佐貴。当のアルグライト伯爵家を訪れるも、そんな庭園も女性も存在しないと一蹴され、敷地内で起きた庭師殺人事件の容疑者にされてしまう。佐貴の無実を信じてくれたのは、伯爵家の跡取り息子にも拘わらず自由を奪われた美少年・アーネストだけで――?
風森章羽:
3月7日、東京都調布市生まれ。『渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト』で第49回メフィスト賞を受賞し、デビュー。
この著者の新刊お知らせを受け取る
雪広うたこ:
漫画家、イラストレーター、キャラクターデザイナー。代表作に『少年王女』、『魔界王子 devils and realist』など。画集『雪広うたこアートワークス 魔界王子 devils and realist』が好評発売中。
サイメシスの迷宮 完璧な死体 (講談社タイガ)

サイメシスの迷宮 完璧な死体 (講談社タイガ)

内容:

警視庁捜査支援分析センターに配属された神尾文孝は、超記憶症候群の上司、羽吹允をコンビを組むことになる。配属初日、日野市で発見された女性の遺体は銀色の繭に包まれ、美しいとも思えるものだった。都内で連続する事件。羽吹の記憶と洞察力が冴え渡る。

アイダサキ:
2002年『傷痕』(サン出版『小説June』10月号掲載)でデビュー。雑誌『JUNE』に連載された「中島梓の小説道場」出身で、BL作品を多く手掛ける。代表作は、「エスシリーズ」(大洋図書)、「DEAD LOCKシリーズ」(徳間書店)など。

講談社+α文庫

坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

坂本龍馬の正体 (講談社+α文庫)

内容:
坂本龍馬が幕末に没して間もなく150年を迎える。そして、明治維新150周年を迎える2018年の大河ドラマ「西郷どん」にも龍馬は登場することだろう。
坂本龍馬は今も幕末のヒーローとして人気抜群だが、
その実像を知っている方はどれほどいるだろうか?
近年、龍馬研究の重要な手がかりとなる手紙も相次いで発見され、坂本龍馬の実像がいよいよ明かされやすい環境となってきた。
人気歴史作家・加来耕三が新出の資料を読み解き、現在望みうるもっとも実像に近い龍馬の正体を描き出す!
ひとりの人物を見すえることによって、幕末・維新史全体も明らかになってくる。
過去に学び、現代と比較し、未来を考えることを邪魔しているものがなんであるのか、その正体も明瞭になるに違いない!

加来耕三:
1958年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業後、同大学文学部研究員を経て、現在は歴史家・作家として著作活動を行っている。『歴史研究』編集委員
テレビ・ラジオ等の番組監修・出演の依頼も少なくない。テレビではNHK BSプレミアム『英雄たちの選択』、TBS系列全国放送『世紀のワイドショー!ザ・今夜はヒストリー』など。ラジオでは、NHKラジオ第1『すっぴん!』、全国10局放送の『加来耕三の「歴史あれこれ」』など多数出演。
主な著書に、『真田と「忍者」』『刀の日本史』(いずれも講談社)、『歴史に学ぶ自己再生の理論』(論創社)、『日本史は「嫉妬」でほぼ説明がつく』(方丈社)、『幕末・明治の英傑たち』(滋慶出版/つちや書店)、『三国志最強の男 曹操の人望力』(すばる舎)、『日本武術・武道大事典』(監修/勉誠出版)などがある。

三人の二代目 上 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫)

三人の二代目 上 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫)

内容:
上杉景勝 毛利輝元 宇喜多秀家
戦国の乱世を、生き抜いた知恵と勇気は――。
全国38紙で連載、2000万人が大絶賛!
歴史通が喝采、三つの物語が同時進行する斬新な展開

偉大な先代の跡を継いだ景勝、輝元、秀家は、擡頭する織田信長を睨みつつ、自国の存続と勢力拡大を画策する。そして、本能寺の変勃発。彼らの決断は――。

二代目は先代の苦しみを知るが、初代は二代目の苦労を知らない。
景勝「俺は二代目。先代様の認めた城主や功臣が多過ぎるわ」
秀吉「秀家はわしの猶子(ゆうし)、遠慮は要らぬ」
輝元「誰も彼も私の決定を無視してやがる」

堺屋太一:
1935年大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業とともに通産省(現・経済産業省)入省。通産省時代に日本万国博覧会を企画、開催にこぎつける。その後、沖縄観光開発やサンシャイン計画を推進。78年、同省を退官、執筆・講演活動に入る。98年7月から2000年12月まで小渕内閣森内閣において経済企画庁長官をつとめた。

三人の二代目 下 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫)

三人の二代目 下 上杉、毛利と宇喜多 (講談社+α文庫)

内容:
「天下獲り」まであと一歩のところまで来ながら、信長は本能寺の変に倒れる。幼少の宇喜多秀家は、美貌の母・お福の知謀により、羽柴秀吉に接近。その猶子となることで、「お家の安全」を図ろうとする。一方、北陸の勇・上杉景勝は領内の平定に手を焼き、毛利輝元は二人の叔父の言動に翻弄される。「三人の二代目」の行く末を決したのは、「女の助言」だった――。激動の戦国期を描いた堺屋歴史巨篇、いよいよ大団円。
堺屋太一:
1935年大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業とともに通産省(現・経済産業省)入省。通産省時代に日本万国博覧会を企画、開催にこぎつける。その後、沖縄観光開発やサンシャイン計画を推進。78年、同省を退官、執筆・講演活動に入る。98年7月から2000年12月まで小渕内閣森内閣において経済企画庁長官をつとめた。

集英社

集英社文庫

岳飛伝 11 烽燧の章 (集英社文庫 き 3-93)

岳飛伝 11 烽燧の章 (集英社文庫 き 3-93)

内容:
南下する辛晃が攻撃を仕掛けるも岳飛・秦容はさらに力を増し撃退した。一方、北で続いていた呼延凌率いる梁山泊軍と兀朮・胡土児の金国軍は総帥の首を賭けた最終決戦に臨む。(解説/細谷正充)
コースアゲイン (集英社文庫 き 3-94)

コースアゲイン (集英社文庫 き 3-94)

内容:
男がこよなく愛する海、車、酒、そして女。人生で受けてきた疵、残酷な時の流れ……。著者を思わせる「壮年の作家」を主人公に、男のロマンに満ち溢れた伝説の短編集。(解説/吉田伸子)
水無月の墓 (集英社文庫 こ 11-32)

水無月の墓 (集英社文庫 こ 11-32)

内容:
お風呂場から隣室で椅子に座っている女性の足が見えた遠い昔の記憶。その女の人は誰だったんだろう──。此の世に残した甘美な想いが恐怖に変わる幻想怪奇小説集、連続刊行第3弾!(解説/東雅夫)
逢坂の六人 (集英社文庫 す 13-2)

逢坂の六人 (集英社文庫 す 13-2)

内容:
記念すべきやまと歌初の勅撰集、古今和歌集の選者に任命された紀貫之。歴史に残る歌集の成立を背景に、紀貫之六歌仙たちとの関わりをドラマティックに描き出す長編時代小説。(解説/北上次郎)
大きくなる日 (集英社文庫 さ 52-5)

大きくなる日 (集英社文庫 さ 52-5)

内容:
四人家族の横山家の歩みを中心に、人の心の成長を描く九つの物語。子供も、親も、保育士さんも、先生も、互いに誰かを育てている。子供に関わるすべての人に贈る感動作。(解説/マイケル・エメリック)
オトコの一理 (集英社文庫 と 23-10)

オトコの一理 (集英社文庫 と 23-10)

内容:
バッグ、シューズ、時計、手帳、サングラス、サプリメント、コート、クルマ……。肉体強化、趣味、ファッションなど粋な男のこだわりをテーマに描く短編集。新しいハードボイルド。(解説/進藤やす子)
バカになったか、日本人 (集英社文庫 は 12-8)

バカになったか、日本人 (集英社文庫 は 12-8)

内容:
作家・橋本治が、震災から安倍政権を経て「なぜ日本人は重要な問題についての議論を放棄するようになったのか」を問う辛口時評集。われわれが知性と思考力を取り戻すための処方箋。追加原稿も収録。
ダー・天使 (集英社文庫 ひ 40-2)

ダー・天使 (集英社文庫 ひ 40-2)

内容:
通り魔から家族を守り、命を落とした二郎。神と交渉し、「天使」として地上へ戻り、娘の成長を見守ることに…。我が子を愛する父親の強い思いがあふれる、心温まる現代のファンタジー。(解説/森義隆)
ブルズアイ (集英社文庫 こ 36-7)

ブルズアイ (集英社文庫 こ 36-7)

内容:
アラスカでの日米共同訓練を経て飛行教導隊に着隊した陸は、かつての戦友・速_はやり_とタッグを組むことに。憧れだった空はいま、彼らの目にどう映っているのか。夢を追う若者を描く天神シリーズ、堂々の完結。
くろご (集英社文庫 な 64-1)

くろご (集英社文庫 な 64-1)

内容:
江戸の町で、旗本と家来の亡骸が発見された。当初自害と思われた事件は、残された鉄砲を頼りに、謎の黒子集団の暗躍の影へと辿り着く。かつてないテーマを扱う書き下ろし時代活劇。(解説/末國善己)
生協のルイーダさん あるバイトの物語 (集英社文庫 も 34-1)

生協のルイーダさん あるバイトの物語 (集英社文庫 も 34-1)

内容:
大学生の社本勇は優柔不断だ。生協職員の「ルイーダ」こと井田瑠衣に紹介されるまま、数々の不思議なバイトをこなしていると……。気鋭の新人が贈るブラック“バイト"コメディ!(解説/吉田大助)
人形は指をさす (集英社文庫 コ 17-1)

人形は指をさす (集英社文庫 コ 17-1)

内容:
6人の犠牲者の体の部位を縫い合わせて作られた1つの遺体。6人の名が記された殺人予告リスト。二つの事件をロンドン警視庁のウルフが追う。彼の名もまた、リストに記されていたのだった……。衝撃作。

ハーパーコリンズ・ジャパン

ハーパーBOOKS

死者の雨 上 (ハーパーBOOKS)

死者の雨 上 (ハーパーBOOKS)

  • 作者: ベルナールミニエ,坂田雪子
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 本体価格:990円 頁数:512ページ
  • 発売日: 2017/09/16
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
内容:

全裸で変死した女教師。

偏執的事件に隠された恐るべき悪。
のどかな学園都市で何が起きているのか?

人気ドラマ原作シリーズ第2弾!

嵐の夜、フランス南西部の学園都市で、全裸で縛られた女性の変死体が見つかった。
被害者はエリートばかりが通う名門高校の教師。
逮捕された17歳の少年ユーゴは人気者の生徒で、
警部セルヴァズがかつて愛した女性の息子だった。
ユーゴは殺害を否認するものの、全ての状況は彼の犯行を物語っていた。
だが捜査を進めるうち、セルヴァズの周囲に姿なき猟奇殺人鬼の影がちらつきはじめ……。

ミニエ,ベルナール:
1960年生まれ。フランス南西部ベジエ市出身。大学卒業までピレネー山麓の町で暮らす。1982年からスペインに滞在、2年後に帰国し税務官として勤務。2011年に発表したデビュー作『氷結』(ハーパーBOOKS)で才能豊かな新人作家に贈られるコニャック・ミステリ大賞を受賞、2017年1月にフランスのテレビ局M6で連続ドラマ化(全6エピソード)され話題となった。現在はパリ近郊在住

坂田雪子:
神戸市外国語大学卒業。フランス語・英語翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

死者の雨 下 (ハーパーBOOKS)

死者の雨 下 (ハーパーBOOKS)

  • 作者: ベルナールミニエ,坂田雪子
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 本体価格:990円 頁数:496ページ
  • 発売日: 2017/09/16
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
内容:

フランス国内シリーズ累計90万部突破。

犯人は17歳の少年か、逃亡中の凶悪殺人鬼か――。
世界17カ国で刊行!

警部セルヴァズの事件ファイル#2

女性教師殺害の現場で見つかった、逃亡中の連続殺人鬼ハルトマンの痕跡――
だが逮捕された少年ユーゴ以外にも若手政治家や同僚教師らが新たに容疑者として浮上、
捜査は一気に混迷する。
そんななか、ユーゴと同じ学校に通うセルヴァズの娘マルゴが襲われ、
町を震撼させる凄惨な事件が!
しだいに明かされる進学校の闇、姿なき悪鬼の真の目的とは?
フランス発ベストセラー・シリーズ第2弾。

ミニエ,ベルナール:
1960年生まれ。フランス南西部ベジエ市出身。大学卒業までピレネー山麓の町で暮らす。1982年からスペインに滞在、2年後に帰国し税務官として勤務。2011年に発表したデビュー作『氷結』(ハーパーBOOKS)で才能豊かな新人作家に贈られるコニャック・ミステリ大賞を受賞、2017年1月にフランスのテレビ局M6で連続ドラマ化(全6エピソード)され話題となった。現在はパリ近郊在住

坂田雪子:
神戸市外国語大学卒業。フランス語・英語翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

三笠書房

知的生きかた文庫

つぶやくだけで心が軽くなるひと言セラピー (知的生きかた文庫 う)

つぶやくだけで心が軽くなるひと言セラピー (知的生きかた文庫 う)

内容:

悩みや不安をラクラク流せるようになる100のパワーフレーズ!

「楽しもう」
「自分は役立っている」
「まず動こう」
「気にするな、なんでもない」 まずは自分が安らかに。
「自分を信じるんだ」 自分が見て感じたことが真実なのだから…

日常生活の中や、仕事の中でつぶやけば、今まで気づかなかった
新しい視点で人生を理解できるようになるでしょう。
決断力が増して、迷うことなく行動できるようになるでしょう。
豊かな人生を実現するために、本当に大切なものを発見できるでしょう。
そして、あなたの毎日がキラキラと輝きはじめるのです。

植西聰:
東京都出身。著述家。学習院大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事。独自の「成心学」理論を確立し、人々を明るく元気づける著述を開始。1995年、「産業カウンセラー」(旧労働大臣認定資格)を取得。
「知客職」(僧位)の称号を持つ。著書に『イラスト版 気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる!』(三笠書房)、『「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉』(三笠書房《王様文庫》)、『平常心のコツ』(自由国民社)、『折れない心をつくるたった1つの習慣』(青春出版社)他、多数ある。

今日から行動力を一気に高める本: 自分を効率的に動かす「やる気」マネジメント (知的生きかた文庫 こ)

今日から行動力を一気に高める本: 自分を効率的に動かす「やる気」マネジメント (知的生きかた文庫 こ)

内容:
あなたの仕事、人生を一変させる「行動力」の高め方!

行動力を高めるのに無理や我慢はいりません。
必要なのは、モチベーションを刺激するちょっとしたコツです!

◇「小さな達成感」を積み重ねる
◇「どうすれば人が驚くか?」で考える
◇好きなことではなく「上達できること」に取り組む
◇「ゴールから逆算」して考える
◇「マジックナンバー1万時間」で誰でも一流になれる

行動力を高めていくと、成果が自然にあがり、仕事がどんどん面白くなります!

自分の成長を実感しながら、どんな目標でも「いつの間にか」達成している――。

本書の効能に例外はありません!

小山龍介:
1975年、福岡県生まれ。98年、京都大学文学部哲学科を卒業後、大手広告代理店・東急エージェンシーに入社。その後、「人生、何一つムダなことはない」を信条に、国際ビジネスの分野で評価の高いサンダーバード国際経営大学院に留学。2004年、MBAを取得。
帰国後、松竹のプロデューサーとして、数々の新規事業立ち上げに携わる。09年、会社という枠組みにとらわれず、「新しい時代の新事業」をプロデュースするために独立、株式会社ブルームコンセプトを設立。12年には、一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会を立ち上げ、ビジネスモデル構築の第一人者として新規事業開発を支援している。
おもな著書に『IDEA HACKS(アイデアハック)!』『整理HACKS(ハック)!』(いずれも東洋経済新報社)に代表される「ハックシリーズ」、訳書に『ビジネスモデル・ジェネレーション』(翔泳社)がある。

早わかり! 知れば知るほど得する税金の本 (知的生きかた文庫 て)

早わかり! 知れば知るほど得する税金の本 (知的生きかた文庫 て)

内容:

あなたは税金を払いすぎていませんか?

サラリーマン・学生・主婦・自営業……
これからは「自助節税」の時代!
税金の“今”と“これから”がよくわかる本。

◆今話題のセルフメディケーション(医療費控除の特例)の使い方
ふるさと納税は限度額をしっかりおさえてよりお得に。
◆備えておきたい! 新・配偶者控除
◆知らないと損をする!? 不動産投資の秘策
◆すぐにできる! 相続税のやさしい計算方法
◆知らなきゃ損! 確定申告すべき6つの控除
◆災害減免法による救済措置とは
高齢者ならではの節税法がある!
◆〝特定口座〟を賢く使えば税金が戻ってくる!
◆自分と親のマイホームの賢い売り方・買い方
……etc.

なるほど! 効果バツグン、最新の情報&最新の方法!

税金のプロが教える、増税時代を生き抜く“知恵”がこの1冊に!

出口秀樹:
税理士。出口秀樹税理士事務所所長、株式会社ドルフィンマネジメント代表取締役。1967年北海道札幌市生まれ。1991年北海道大学文学部卒。1998年5月、出口秀樹税理士事務所、開所。より広い専門知識を身につけるため、小樽商科大学大学院商学研究科入学、2005年修了。中小企業の税務・会計・経営のサポートを行うとともに、個人の税務対策などにも積極的に取り組んでおり、その内容は多岐に及ぶ。
“税のプロ”としての豊富な実績とわかりやすい解説には定評があり、セミナー講師としても活躍中。
著書に『改訂版 はじめての会社経営100問100答』(明日香出版社)、『よくわかる会社整理・清算・再建の実務手続き』(日本実業出版社)などがある。

禅、比べない生活: 「自分のものさし」で生きるヒント (知的生きかた文庫 ま)

禅、比べない生活: 「自分のものさし」で生きるヒント (知的生きかた文庫 ま)

内容:

【人生は、人と比べれば比べるほど損をする】
比較や競争から、たった一歩離れるだけで、驚くほど大事なものがたくさん見えてくる。

自分をすり減らしていませんか?
嫉妬や怒りの感情に苦しんでいませんか?
劣等感に苛まれていませんか?
大事な人を傷つけていませんか?

そんな「心のざわめき」を手放せば、もっとラクに、もっと自分らしく生きられる。

禅僧で大学教授、庭園デザイナーとしても活躍中の著者が教える「比べない」という“処世の秘訣”

枡野俊明:
1953年、神奈川県生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。禅の思想と日本の伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動を行ない、国内外から高い評価を得る。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。また、2006年「ニューズウィーク」誌日本版にて「世界が尊敬する日本人100人」にも選出される。近年は執筆や講演活動も積極的に行なう。
主な著書に、『心配事の9割は起こらない』 『考える前に動く習慣』 『リーダーの禅語』(以上、三笠書房)、『禅、シンプル生活のすすめ』 『禅「心の大そうじ」』(以上、三笠書房《知的生きかた文庫》)などベストセラー・ロングセラーが多数ある。

外国人が喜ぶ日本の名所: 日本人だから気づかない、驚きの66スポット! (知的生きかた文庫 に)

外国人が喜ぶ日本の名所: 日本人だから気づかない、驚きの66スポット! (知的生きかた文庫 に)

内容:

◎訪日外国人旅行者の大人気スポットは、意外にも……!?
眠っていた日本の観光名所が、オールカラーで続々登場!

訪日外国人に近年大人気なのは、東京、箱根、富士山、京都などの「ゴールデンルート」だけでなく、日本人も気づかない、意外な穴場だった!
本書では66の人気スポットを、その歴史や見どころ、外国人にウケているポイントとともに紹介。

・青い海と山上まで続く123基の赤い鳥居が絶景を織り成す「元乃隅稲荷神社」(山口)
・広島のマチュピチュと呼ばれる「井仁の棚田」(広島)
・『天空の城ラピュタ』の舞台そっくりな戦争遺跡「友ヶ島」(和歌山)
・世界の盆栽愛好家の聖地「大宮盆栽村」(埼玉)
・日本神話の神々が降り立った地「高千穂峡」(宮崎)

読めば今すぐ行きたくなる、旅先選びの新定番!

「ニッポン再発見」倶楽部:
現代日本が忘れかけた“古きよき日本”を掘り起こし、その魅力を改めて見出すために結成された研究・執筆グループ。
日本をもっと元気にすることを目指して、さまざまな分野の情報を発信している。
独自の切り口・視点には定評がある。
主な著書に、『日本は外国人にどう見られていたか』 『近代化遺産と「すごい」日本人』 『世界が感謝!「日本のもの」』 『世界が称賛!「すごい日本人」』 『世界に愛され、評価される!「日本の名著」』 『「あの国」はなぜ、日本が好きなのか』 『知りたい、歩きたい!美しい「日本の町並み」』 『知りたい、楽しみたい! 日本の祭り』(いずれも三笠書房《知的生きかた文庫》)がある。