Garden of Words ~文庫の新刊情報発信ブログ~

しばらく活動を休止します。ひょっとしたら少し形を変えて別のブログと更新を統一するかもしれないので、またその時アナウンスします。

2017年9月23日発売の文庫新刊

KADOKAWA

角川文庫

……なんでそんな、ばかなこと聞くの? (角川文庫)

……なんでそんな、ばかなこと聞くの? (角川文庫)

内容:

夏の奇跡。せつなくて泣ける恋と、ちょっぴりの魔法。

高校生、藤沢大和(ふじさわ・やまと)はある日――死んだ。
しかし、幼なじみの少女、青山凛虎(あおやま・りんこ)はこう告げる。
「わたしがちゃんと生き返らせる。死なせないよ『今度は』」と。
――これは『終わりの物語』だ。郡上踊りが終わるまでの間、死と生が入り混じるこの場所で、『なぜ死んでしまったかも忘れ』そこに存在している大和。そして、『ある秘密』を抱えながらも、大和を生き返らせようとする凛虎。不器用で、真っ直ぐで、凛としたひと夏が今――「終わる」。
雑誌『ダ・ヴィンチ』で好評を博した、恋愛小説の名手が紡ぐ、夏の奇跡の物語、待望の書籍化!

鈴木 大輔:
第16回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞、「ご愁傷さま二ノ宮くん」でデビュー。同「ご愁傷さま二ノ宮くん」及び、「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」にてアニメ化。
ブコメのイメージが強いが、高い筆力でミステリからセカイ系まで幅広く手がけている。

白身魚:
TVアニメ化もされた『ココロコネクト』をはじめ、数多くのライトノベル作品のイラストを手掛けている。一般文芸作品は今回が初挑戦となる。

憧れの作家は人間じゃありませんでした2 (角川文庫)

憧れの作家は人間じゃありませんでした2 (角川文庫)

内容:
ベストセラー作家は吸血鬼!? 文芸編集者、新作原稿のために日参中……。

作家・御崎禅の担当になったあさひは、新作にとりかかってもらおうと必死だ。しかし御崎の下には人外が起こした事件が日々舞い込んでくる。ある日、死者が公園に現れるという噂が流れて行ってみると……。

澤村 御影:
神奈川県横浜市出身、在住。第二回キャラクター小説大賞 大賞受賞。

綾志別町役場妖怪課 すべては雪の夜のこと (角川文庫)

綾志別町役場妖怪課 すべては雪の夜のこと (角川文庫)

内容:

雪国で立て続けに起こる妖怪騒動、その先には驚きの真相が!?

北海道綾志別町の自治体アシスタントとなった宵原秀也。彼を追ってやってきた恋人の日名田ゆいとともに、事件の真相を追うが、そこにはロシアに繋がる大きな因縁が!? 北国の妖怪課の事件簿、ファイナル!

青柳 碧人:
千葉県生まれ。第3回講談社Birth小説部門受賞作『浜村渚の計算ノート」でデビュー。「浜村渚の計算ノート」シリーズ、「ヘンたて」シリーズなど、角川以外では、講談社、早川、文春、新潮などで、作品及びシリーズを展開中。マンガ原作も手がける。

遺譜 浅見光彦最後の事件 上 (角川文庫)

遺譜 浅見光彦最後の事件 上 (角川文庫)

内容:
国民的名探偵・浅見光彦”最後の事件”、待望の文庫化!

知らない間に企画された34歳の誕生日パーティに際し、ドイツ出身の美人バイオリニストに頼まれともに丹波篠山へ赴いた浅見光彦。祖母が託した「遺譜」はどこにあるのか――史上最大スケールの難事件!

内田 康夫:
東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

遺譜 浅見光彦最後の事件 下 (角川文庫)

遺譜 浅見光彦最後の事件 下 (角川文庫)

内容:

70年の時を経て甦る陰謀に、浅見家の人間として下す光彦の決断とは――

ドイツと日本、二つの国で次々に見つかる新事実、「遺譜」に記されていた内容とは? 第二次世界大戦当時から現代へと綿々と続く「盟約」を護り続ける者と、それを狙う者。浅見光彦が迎える史上最大の危機!

内田 康夫:
東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

おせっかい屋のお鈴さん (角川文庫)

おせっかい屋のお鈴さん (角川文庫)

内容:

読むと元気をくれる! とってもおせっかいでやさしい幽霊の物語

杜の都、仙台で暮らす村田カエデ27歳。ぽっちゃり体型の優しい彼氏あり。地元の信金勤務の平凡な人生を送っていた──お鈴さんに出会うまでは。彼女は超がつくわがままお嬢さま。さらに問題なのは幽霊であること!? でもお人好しで憎めない、変わった幽霊なのだ。困った人を放っておけず騒動ばかり引き起こす。ほらまた、今日もカエデたちを巻き込み大騒ぎに!? 楽しく笑い、ほろりとさせられる。読んだ後に優しい気持ちになれる物語。

堀川 アサコ:
1964年青森県生まれ。2006年『闇鏡』で第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。『幻想郵便局』がベストセラーとなり、以降、「幻想」シリーズで人気を博す。他の著書に『予言村の転校生』、『大奥の座敷童子』、『100回泣いても変わらないので恋することにした。』『オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語』などがある。

勝手にしゃべる女 (角川文庫)

勝手にしゃべる女 (角川文庫)

内容:

ゾワッと来る読後感に、貴方は魅了される……傑作ショートショート

なんとなくお見合いをしようとした直子の下へ、叔母からの紹介したい人がいると連絡があった。その相手は、毎週日曜の夜9時に、叔母の家へ来るらしい。直子がそこで目撃した光景とは……。

赤川 次郎:
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

木島日記 (角川文庫)

木島日記 (角川文庫)

内容:

この世にあってはならぬもの、仕分けます――。『木島日記』ここに復活!

昭和初期――オカルト、猟奇事件、ナショナリズムが吹き荒れる東京。
民俗学者折口信夫古書店「八坂堂」に迷い込み、その棚にあるはずのない、未だ構想中の自分の小説『死者の書』を見つける。
「何が書いてあるか読んでごらんなさい」
奇怪な仮面を被った店の主人、木島平八郎に促され、その奇妙な書の頁をめくった時から、折口のまわりで奇怪な出来事が起こり始める……。
「あってはならない物語」へ誘う傑作文豪怪奇ミステリ!
書き下ろしの〈自著解題〉を付す改訂新装版で復活。

【目次】
第一話 死者の書
第二話 妣が国・常世へ
第三話 古代研究
第四話 水の女
第五話 若水の話
〈自著解題〉物語を供養する

大塚 英志:
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。本書に関する批評として『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前後 柳田民俗学自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

木島日記 乞丐相 (角川文庫)

木島日記 乞丐相 (角川文庫)

内容:

仮面の古書店主にして「仕分け屋」木島平八郎の怪奇ミステリ事件簿第二弾!

仮面の男、木島平八郎。古書店「八坂堂」の店主にして、「この世にあってはならぬもの」の仕分屋。だがその素性は未だ知れない。
一方、木島につきまとわれる学者・折口信夫。女嫌いのはずが、霊的能力をもつ少女・美蘭を側に置く羽目に。彼らが行く先々、常に事件が待ち受ける。
八つ墓村』のモデルとなった津山三十人殺し事件、心中ブーム、人間避雷針……。
正史と偽史の狭間に葬られし闇の物語を暴く、怪奇ミステリ事件簿・第二弾!
〈自著解題〉の書き下ろしを新たに付し、改訂新装版で復活。

【目次】
第一話 砂けぶり
第二話 翁の発生
第三話 乞丐相
〈自著解題〉民俗学者の家族小説

大塚 英志:
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。本書に関する批評として『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前後 柳田民俗学自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

季節はうつる、メリーゴーランドのように (角川文庫)

季節はうつる、メリーゴーランドのように (角川文庫)

内容:

珈琲店タレーランの事件簿」著者、岡崎琢磨が送る、究極の片想いミステリ

夏樹と冬子は、高校時代、男女だけれど「親友」だった。
お互い、日常の謎を解くことを趣味として、一緒に居て誰よりも心地良い存在だったあの頃。

やがて社会人となった夏樹は、冬子に会いに神戸を訪れる。
町を散策しながら、昔と同じく、冬子と日常の謎ときを楽しむ夏樹だが、
夏樹には心に秘めた想いがあった。
冬子への恋心。もう、ごまかせない。
けれど冬子はなかなか、夏樹の想いを伝えるチャンスをくれなくて……。
もどかしくも、季節はうつる。夏樹の焦り、冬子の戸惑いをのせて。
そして……。

それは、最高で最低の片想い……。
優しく穏やかなな日常の謎ときから一転、驚愕のエンディングに、誰もがきっと目を瞠る。
青春ミステリの名手、岡崎琢磨が送る、究極の青春恋愛ミステリ。

岡崎 琢磨:
1986年福岡県生まれ。京都大学法学部卒業。2012年、第10回「このミステリーがすごい!」大賞隠し玉として、『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』でデビューし、好評を博す。ほか著作として、『季節はうつる、メリーゴーランドのように』(KADOKAWA)、「道然寺さんの双子探偵」 (朝日文庫)、「新米ベルガールの事件録 チェックインは謎のにおい 」(幻冬舎文庫) などがある。

吉祥寺よろず怪事請負処 人待ちの庭 (角川文庫)

吉祥寺よろず怪事請負処 人待ちの庭 (角川文庫)

内容:

大ヒット作「少年陰陽師」の著者が贈る、現代の陰陽師ものがたり第2弾!

吉祥寺のガーデンショップに居候中の大学生・保。兄のような存在である庭師の啓介が、実はすご腕の陰陽師でもあると最近知ったが、それ以上詳しいことを教えてもらえないのが不満の種だ。
そんなある日、保と啓介は庭の手入れを依頼され、練馬の一軒家を訪れる。だが突然井戸から黒い煙のようなものが噴き出し『うそ…つき……』という女の声が。そしてさらに災いは連鎖していき──!?
大ヒット作「少年陰陽師」の著者が贈る、現代の陰陽師ものがたり、第2弾! ここでしか読めない文庫書き下ろし掌編も収録!

結城 光流:
東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計500万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

郷里松島への長き旅路 (角川文庫)

郷里松島への長き旅路 (角川文庫)

内容:

戦争の残酷さを改めて問うた、十津川警部、長編シリーズ最新作!

フリーライターの森田章人は、月刊誌の依頼で仙台にやってきた。震災の被害が比較的少なかったといわれる仙台市から松島の周辺までをレポートするためである。森田は、松島での取材を終えて駅に戻る途中、墓地から離れたところに一基だけ立っている墓を見付ける。その墓石には、明らかに削られた後があり、小さく「立川家之墓」と彫り直してあった。違和感を憶えた森田は、その墓石を調べることにする。すると、どうやらその墓の主は、特攻隊員であり、さらに先日東京都内で死んでいることが分かった。そこへ、十津川警部が現れて、一緒に捜査に協力することに。戦争の残酷さを改めて問うた、十津川警部、長編シリーズ最新作!

西村 京太郎:
1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

虚栄 上 (角川文庫)

虚栄 上 (角川文庫)

内容:
がん治療を巡る各科の熾烈なポジション争い。医療サスペンス!

診断から死まで二カ月。凶悪な「変異がん」が蔓延、政府はがん治療のエキスパートを結集、治療開発の国家プロジェクトを開始。手術か、抗がん剤か、放射線治療か、免疫療法か。しかしそれぞれの科は敵対し。

久坂部 羊:
大阪府生まれ。大阪大学医学部卒業。作家・医師。2003年、小説『廃用身』でデビュー。小説に、『破裂』『無痛』『悪意』『芥川症』『いつか、あなたも』、エッセイに『大学病院のウラは墓場』『日本人の死に時』など、医療分野を中心に執筆。

虚栄 下 (角川文庫)

虚栄 下 (角川文庫)

内容:

凶悪がんの治療法を巡る国家プロジェクトは内紛に突入、医学界の裏側を描く

がん治療開発国家プロジェクトは、治療の主導権を巡り内紛状態となった。その現実に胸を痛めた外科講師・雪野は、内科医の赤崎に相談するが、赤崎は雪野を利用し内科が有利になるよう画策をし……

久坂部 羊:
大阪府生まれ。大阪大学医学部卒業。作家・医師。2003年、小説『廃用身』でデビュー。小説に、『破裂』『無痛』『悪意』『芥川症』『いつか、あなたも』、エッセイに『大学病院のウラは墓場』『日本人の死に時』など、医療分野を中心に執筆。
月華の神剣 薩長動乱 (角川文庫)

月華の神剣 薩長動乱 (角川文庫)

内容:

西郷隆盛坂本龍馬高杉晋作――。「常勝の御太刀」は誰の手に!?

常勝の御太刀を護る役目を担った祝井信吾は、坂本龍馬と出会い、長州と薩摩に赴くこととなった。そこで、龍馬とは違う度量をもつ西郷隆盛に圧倒され、彼と行動を共にすることとなり――。

最低。 (角川文庫)

最低。 (角川文庫)

内容:

2017年秋、実写映画化! 紗倉まなの小説デビュー作

映画『64-ロクヨン-』(横山秀夫/原作)を手掛けた瀬々敬久監督により2017年秋、実写映画化!
現役AV女優・紗倉まなの小説デビュー作が待望の文庫化。
AV出演歴のある母親を憎む少女、あやこ。家族に黙って活動を続ける人気AV女優、彩乃。愛する男とともに上京したススキノの女、桃子。夫のAVを見て出演を決意した専業主婦、美穂。四人の女優を巡る連作短編小説。

紗倉 まな:
1993年3月23日、千葉県生まれ。工業高等専門学校在学中の2012年にSODクリエイトの専属女優としてAVデビュー。15年にはスカパー! アダルト放送大賞で史上初の三冠を達成する。著書に17年秋の実写映画化を控える初小説『最低。』、『凹凸』(いずれもKADOKAWA)、エッセイ集『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)、スタイルブック『MANA』(サイゾー)がある。

スイングアウト・ブラザース (角川文庫)

スイングアウト・ブラザース (角川文庫)

内容:

目指せ、モテ男――!?

ほぼ同時に彼女にフラれた33歳の男3人組が、大学時代の憧れのマドンナ、河島美佐子先輩のエステティックサロンの特待生になって、数々の難題をクリアし、モテ男を目指す!
果たしてこの凸凹トリオは、無事いい男になれるのか――!? コミカルタッチの軽妙な筆致のなかに、生きていくために大事なことのヒントがさりげなくちりばめられた長篇小説!

石田 衣良:
1960年東京生まれ。成蹊大学卒業。代理店勤務、フリーのコピーライターなどを経て97年「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。2003年『4TEEN フォーティーン』で直木賞、06年『眠れぬ真珠』で島清恋愛文学賞、13年 『北斗 ある殺人者の回心』で中央公論文芸賞を受賞。他著書多数。

正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか! (角川文庫)

正義のセ 4 負けっぱなしで終わるもんか! (角川文庫)

内容:
まっしぐら検事・凜々子、今度は関西で事件に恋に邁進!

尼崎に転勤してきた検事・凛々子。ある告発状をもとに捜査に乗り出すが、したたかな被疑者に翻弄されて取り調べは難航し、証拠集めに奔走する。プライベートではイケメン俳優と新たな恋の予感!?

阿川 佐和子:
1953年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。99年に檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、08年『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年に刊行した新書『聞く力 心をひらく35のヒント』は160万部を突破する大ベストセラーに。14年、菊池寛賞受賞。
泥棒役者 (角川文庫)

泥棒役者 (角川文庫)

内容:

映画化! 一軒の豪邸で巻き起こる、8人のだまし合い!

かつて鍵開けの名人だったはじめは、泥棒から足を洗い小さな町工場で働いていた。しかし出所した先輩泥棒の畠山に脅され、泣く泣く盗みを手伝わされることに。忍び込んだ先は絵本作家の豪邸だった。嫌々ながらもふたりで金品を物色していると、不意に何者かが玄関に入ってきた。はじめは自分が家主であると嘘をつき必死に演じるが、今度は“本物の”家主である絵本作家がリビングに現れ・・・・・・。曲者たちの騙し合いの結末は!?

三羽 省吾:
1969年、岡山県生まれ。2002年『太陽がイッパイいっぱい』で第8回小説新潮長編新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『イレギュラー』『厭世フレーバー』『タチコギ』『公園で逢いましょう』『JUNK』などがある。

西田 征史:
1975年5月22日、東京都生まれ。脚本家、演出家、役者など幅広く活躍。主な脚本作品は「ガチ・ボーイ」「怪物くん」「信長協奏曲」「とと姉ちゃん」など。小説家としても2014年に『小野寺の弟・小野寺の姉』を刊行、同作は映画化もされ自ら監督&脚本を務めた。

長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら (角川文庫)

長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら (角川文庫)

内容:

世界のいろんなところで考えた。シーナのやわらか頭くねくね思考!

地下生活への考察と未来都市の姿、宇宙人がぬらぬらダラダラの疑問、長さ一キロのアナコンダがいたら? 世界の暑い場所、寒い場所――世界中を旅する行動派作家・椎名誠が、「もし……が……だったら」という思考をアレコレひねりまわして考えた、脳ミソくねくねスーパーエッセイ!

椎名 誠:
1944年、東京生まれ。作家。「本の雑誌」初代編集長。写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
南国回天記 (角川文庫)

南国回天記 (角川文庫)

内容:

維新前夜の激流を生き抜いた若き侍たちの青春群像劇!

若き薩摩藩士・樺山小一郎を追って江戸にやってきた芸者のお葭。しかし小一郎は奸臣誅殺に失敗して行方をくらましていた。小一郎の汚名をすすぐため西郷隆盛大久保利通らに協力を乞うお葭だが……!?

海音寺 潮五郎:
1901年、鹿児島県生まれ。國學院大学卒業後、教員生活を経て作家となる。『天正女合戦』で第3回直木賞を受賞。『明治太平記』『蒙古来る』『天と地と』『武将列伝』など著書多数。1977年12月没。

肉小説集 (角川文庫)

肉小説集 (角川文庫)

内容:

ダメなところに味がある!おいしくてくせになる、絶品「肉」小説。

凡庸を嫌い、「上品」を好むデザイナーの僕。正反対な婚約者には、さらに強烈な父親がいて――。(「アメリカ人の王様」)不器用でままならない人生の瞬間を、肉の部位とそれぞれの料理で彩った傑作短編集。

坂木 司:
1969年東京都生まれ。2002年『青空の卵』で<覆面作家>としてデビュー。続く「ひきこもり探偵」シリーズとして人気を得る。ナイーヴで魅力的な人間像、緻密に描かれ、爽快に解かれる日常の不思議とこころの謎が圧倒的な支持を集めている。13年『和菓子のアン』で第2回静岡書店大賞・映像化したい文庫部門大賞を受賞。他の著作に『ワーキング・ホリデー』『ホテルジューシー』『大きな音が聞こえるか』『僕と先生』『女子的生活』などがある。
ばけたま長屋 (角川文庫)

ばけたま長屋 (角川文庫)

内容:

いわくつき長屋の住人たちの大騒動!

浅草の裏長屋に仕事場を構えた指物師(木工職人)の弦次。ところが長屋は空き部屋ばかり。どうやらある部屋に女の幽霊が出るせいで、誰も居つかないらしい。恐がりだが根が真面目な弦次は、不真面目な先輩住人の三五郎、幽霊画を描くのにどうしても本物を見たい町絵師の朔天とともに、原因究明という名のおばけ退治に乗り出すが……!? 痛快!傑作!江戸怪談ミステリ。

輪渡 颯介:
1972年、東京都生まれ。明治大学卒業。『掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南』で第38回メフィスト賞を受賞し、講談社ノベルスよりデビュー。以後、時代小説、怪異、ミステリの融合させた独特の作風で活躍中。主な作品に『浪人左門あやかし指南』シリーズ、『古道具屋 皆塵堂』シリーズ、『溝猫長屋』シリーズなど。

ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート32 (角川文庫)

ぷかぷか浮かびとこれから つれづれノート32 (角川文庫)

内容:

人生は実験! その日、思ったことを実践する生活を送ってみる。

この半年間の前半は、昨年同様毎日のようにマイペースに運動を続けた。興味はスタジオからプールへ移り、水の上にぷかぷか浮かぶ究極のリラックス方を編み出した。それと水中ストレッチを組み合わせ心と体のつながりを強く意識する。後半はサコの大学進学に伴い人生の流れも自然と変化した。これからはより個性的に、我が道を進もうと決意する。隠者のようにひっそりと力強く、働き、動きたい。つれづれノート32冊目。

わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁 (角川文庫)

わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁 (角川文庫)

内容:

小春と澪人が住む京都に異変が!? 大人気はんなり不思議ミステリ新展開!

二度目の春、京都では不穏な事件が続発するようになり、澪人は小春や朔也たちと対策チームを結成する。そんな中、小春は前世の切ない後悔を知り、涙していた。そこに澪人の兄・和人が急接近してきて――!?

望月 麻衣:
北海道出身、現在は京都市在住。2013年にE★エブリスタ主催第2回電子書籍大賞受賞。著作に「京都寺町三条のホームズ」「わが家は祇園(まち)の拝み屋さん」シリーズ、『お嬢様・綾小路美優さんのヒミツ!』『花嵐ガール』がある。2016年『京都寺町三条のホームズ』で第4回「みんなで選ぶ 京都本大賞」の大賞を受賞。

ヘリコプター・ハイスト 舞い降りた略奪者 (角川文庫)

ヘリコプター・ハイスト 舞い降りた略奪者 (角川文庫)

内容:

犯罪史上、もっとも大胆な銀行強盗計画が、初めて明かされる!

2009年9月、スウェーデンの警備会社の屋上にヘリコプターで降り立ち、5億円を奪った4人組。年齢も国籍もバラバラの彼らは、いかにして計画し、実行にうつしたのか!?

ヨナス・ボニエ:
1963年生まれの小説家・脚本家・ジャーナリスト。1988年のデビュー以来、7作の長編を執筆している。2008年から2014年まで、スウェーデンに本社を置き、15カ国で事業を展開する国際メディア企業〈ボニエ・グループ〉のCEOを務めた。妻と2人の子どもとともに米国マイアミ在住。

角川ホラー文庫

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い (角川ホラー文庫)

奇奇奇譚編集部 ホラー作家はおばけが怖い (角川ホラー文庫)

内容:

臆病作家が怪異に挑む! 第24回日本ホラー小説大賞・優秀賞受賞作

霊の見える新人ホラー作家の熊野惣介は、怪奇小説雑誌『奇奇奇譚』の編集者・善知鳥とともに、新作のネタを探していた。心霊スポットを取材するなかで、姿はさまざまだが、同じ不気味な音を発する霊と立て続けに遭遇する。共通点を調べるうち、ふたりはある人物にたどり着く。霊たちはいったい何を伝えようとしているのか?

怖がり作家と最恐編集者のコンビが怪音声の謎に挑む、第24回日本ホラー小説大賞・優秀賞受賞作!

木犀 あこ:
1983年徳島県生まれ。奈良女子大学文学部卒。「文字列の幽霊」で第24回日本ホラー小説大賞優秀賞を受賞。

二階の王 (角川ホラー文庫)

二階の王 (角川ホラー文庫)

内容:

選考委員(綾辻行人貴志祐介宮部みゆき)も驚嘆のホラー大賞優秀賞作品

第22回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉受賞作が書き下ろしを加え文庫化!

選考委員も驚嘆!
「破天荒な大風呂敷が広げられる。総合的な筆力では今回の候補作中、一頭地を抜いていると感じた」綾辻行人
「『悪因研』の活動が、すべて○○であったとしたら、かなり怖いサイコホラー。違った楽しみ方もさせてもらった」貴志祐介
「邪神との闘いという王道のモチーフに果敢に挑んだ力作。読了後、確かにタイトルはこれしかないと、しみじみ納得」宮部みゆき

===
東京郊外で両親と暮らす八州朋子には、大きな悩みがあった。30歳を過ぎた兄が二階の自室にこもり、家族にも姿を見せない生活が何年も続いているのだ。職場で知り合った男・加東に心惹かれる朋子だが、兄のことは話せずにいた。
そのころ、元警察官の仰木と6人の男女たちは、考古学者・砂原が遺した予言を元に『悪因研』を名乗り〈悪因〉の探索を続けていた。〈悪因〉は人々を邪悪な存在〈悪果〉に変えて破滅をもたらす。6人は五感で〈悪果〉を識別する能力を持つ者たちだった。
〈悪果〉を嗅ぎ分ける男・掛井は、同じショッピングモールで働く朋子への想いを募らせている。そして、掛井の仲間・卓美がある症状を発症し……。

===
クトゥルー神話を思わせる魅力的な異形描写や、「世界の命運を握る存在」という大掛かりな題材。それらと不思議にも共存する、「ひきこもり」という現代社会的なテーマ。兄の存在と自分の未来に悩む女性主人公ほか登場人物の心情描写のバランスにも注目の作品。

装画=藤田新策
文庫化にあたり、書き下ろし短編「屋根裏」を収録。

名梁 和泉:
1970年、東京都生まれ。明治大学卒業。現在、会社員。本作『二階の王』で第22回日本ホラー小説大賞〈優秀賞〉を受賞し、デビュー。ほかの著書に『マガイの子』がある。

臨界シンドローム 不条心理カウンセラー・雪丸十門診療奇談 (角川ホラー文庫)

臨界シンドローム 不条心理カウンセラー・雪丸十門診療奇談 (角川ホラー文庫)

内容:

特異な「不条心理」を巡る3つの事件! まったく新しいホラーミステリ!!

月刊怪奇ジャーナル編集部の黒川怜司は「不条心理」を研究する医師・雪丸十門の連載を担当することに。
「不条心理」とは“既存のどんな症状の定義からも逸脱した、稀有な心理症例”のこと。クライエントは、左目の視覚がストーカー男に乗っ取られたという女や、自分ではないだれかの人格を自らに完璧に宿してしまう女!?
エキセントリックな研究者と彼に振り回される編集者が、特殊な異常心理をめぐる3つの症例を解明する──!

堀井 拓馬:
1987年生まれ、東京都出身。文京学院大学人間学部卒業。第18回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した『なまづま』で、2012年デビュー。奔放奇抜な想像力と独特の世界観が光る気鋭の作家。

角川ソフィア文庫

イスラーム世界史 (角川ソフィア文庫)

イスラーム世界史 (角川ソフィア文庫)

内容:

変容と拡大を続けるイスラーム世界。宗教と政治から描く激動の1300年史

イスラーム世界から過去、現在、未来を見つめると、西洋中心の視点とはまるで異なる歴史が浮かび上がる。肥沃な三日月地帯に産声をあげる前史から、宗教としての成立、民衆への浸透、多様化と拡大、近代化、そして民族と国家の20世紀へ――。シーア派スンナ派の起源とは? パレスチナ問題はなぜ生じた? 宗教と政治の関係は? 「歴史は誰かがつくるもの」とするイスラーム史の第一人者が日本人に語りかける100の世界史物語。

*『ビジュアル版 イスラーム歴史物語』改題。

【目次】
はじめに
1 イスラーム以前の西アジアと環地中海
2 イスラームの誕生
3 民衆のイスラーム
4 拡大するイスラーム世界
5 革新のイスラーム
6 民族、国家、そしてイスラーム
おわりに

後藤 明:
1941年、東京生まれ。東京大学名誉教授。専門はイスラーム史。山形大学教授、東京大学東洋文化研究所教授、同所長、東洋大学教授のほか、日本イスラム協会理事、同理事長、中東調査会理事、日本中東学会理事などを歴任。『メッカ イスラームの都市社会』(中公新書)、『マホメットとアラブ』(朝日文庫)、『ムハンマド時代のアラブ社会』(山川出版社)など多数の著作がある。

宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)

宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)

内容:

不思議な話、こわい話、教訓となる話…ユーモラスでおかしな古典を味わう!

こぶとりじいさん」や「鼻の長い僧の話」など、とんでもなくて面白い鎌倉時代の説話(短編物語)集。総ルビの原文と現代語訳、わかりやすい解説とともに、やさしく楽しめる決定的入門書!

【目次】
はじめに
◇序
◇一話「道命阿闍梨和泉式部のもとで読経し、五条の道祖神聴聞した話」
◇二話「丹波の国篠村に平茸が生えた話」
◇三話「鬼にこぶをとられた話」
◇四話「伴大納言の話」
◇一三話「田舎の児が桜の散るのを見て泣いた話」
◇一六話「尼が地蔵にお目にかかった話」
◇二二話「金峯山での箔打の話」
◇二五話「鼻の長い僧の話」
◇二八話「袴垂が保昌に会った話」
◇三〇話「唐の卒都婆に血が付いた話」
◇四九話「小野篁が才人だった話」
◇五七話「石橋の下の蛇の話」
◇五九話「三河の入道が遁世した話」
◇七二話「以長の物忌の話」
◇八五話「留志長者の話」
◇八七話「観音経が蛇になって人をお助けになった話」
◇八八話「賀茂の社から紙と米を頂いた話」
◇九一話「僧伽多が羅刹の国に行った話」
◇九三話「播磨の守為家に仕える侍佐多の話」
◇一〇四話「猟師が仏を射た話」
◇一一二話「大安寺別当の娘の恋人が夢を見た話」
◇一二五話「保輔が盗人だった話」
◇一三一話「清水寺の御帳を頂いた女の話」
◇一三三話「空入水した僧の話」
◇一三四話「日蔵上人が吉野山で鬼に会った話」
◇一三六話「出家の価値の話」
◇一四七話「きこりが隠題の歌を詠んだ話」
◇一五七話「ある公卿が中将時代に誘拐された話」
◇一六四話「亀を買って解き放った話」
◇一六五話「夢を買った人の話」
◇一六九話「念仏僧が魔往生した話」
◇一八四話「御堂関白の飼い犬の超能力の話」
◇一九四話「仁戒上人が極楽往生した話」
◇一九七話「盗跖と孔子とが問答した話」
おわりに

☆コラム1 源隆国と家族
☆コラム2 芥川龍之介の古典物・説話集編者たちの「競作」
☆コラム3 セットになっている説話
☆コラム4 大力の伏兵
☆コラム5 遠回りの意味

伊東 玉美:
1961年、神奈川県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。現在、白百合女子大学文学部教授。著書に『院政期説話集の研究』(武蔵野書院)、『新注古事談』(責任編集・笠間書院)、『むかしがたりの楽しみ 宇治拾遺物語を繙く』(NHK出版)など。
クラシック音楽の歴史 (角川ソフィア文庫)

クラシック音楽の歴史 (角川ソフィア文庫)

内容:
グレゴリオ聖歌から二十世紀の映画音楽まで。この1冊で流れを読み解く。
人物や事件、概念、専門用語をトピックごとに解説。時間の流れ順に掲載しているため、通して読めば流れも分かる。グレゴリオ聖歌から二十世紀の映画音楽まで。「クラシック音楽」の学び直しに最適な1冊。

中川 右介:
1960年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。出版社IPCで編集長を務めた後、1993年にアルファベータを設立し、2014年秋まで代表取締役編集長を務める。2007年からはクラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲、マンガ等の分野で執筆活動をおこなっている。主な著作に『戦争交響楽 音楽家たちの第二次世界大戦』(朝日新書)、『歌舞伎 家と血と藝』(講談社現代新書)、『角川映画 1976-1986[増補版]』(角川文庫)などがある。

小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)

小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)

内容:

一茶の人生を辿り、代表的な句と訳、鑑賞をやさしく記す入門書!

身近なことを句に詠み、人生の辛さや切なさを作品へと昇華させていった一茶。古びることのない作品を、人生に沿ってたどりつつ、やさしく鑑賞する入門書。

【目次】
小林一茶の生涯
一、よく知られた一茶
二、修養時代
三、父の死
四、江戸での一茶(相生町時代)
五、江戸での一茶(『七番日記』の時代)
六、信濃での生活
七、『おらが春』の世界
八、晩年
解説 長谷川櫂
略年譜
参考文献
初句索引

大谷 弘至:
1980年、福岡県生まれ。俳人早稲田大学第二文学部卒業後、二松学舎大学大学院文学研究科博士後期課程満期修了。2004年に俳句結社「古志」入会。2011年より同主宰。句集に『大旦』(角川学芸出版)がある。
西洋料理のコツ (角川ソフィア文庫)

西洋料理のコツ (角川ソフィア文庫)

内容:

肉をおいしく焼くには? オムレツをふわふわにするには? 科学で説明!

調理上のコツにまつわる疑問を科学的な目で解説するQ&A形式の実践的調理バイブル。
●肉料理
牛肉の鮮度はどうやって見分ける? ステーキを好みの焼き加減に焼くには? かたまり肉の表面をこうばしく焼くには?
●魚料理
魚の味を引き立てる塩のふり方は? ムニエル用の魚のくさみを取るには? ムニエルを焦がさずこうばしく焼くには?
●卵料理
オムレツの中を半熟に、表面をなめらかに仕上げるには? ポーチドエッグを形よく仕上げるには?
その他、●野菜料理、●パスタ、リゾット料理、●ドレッシング ●だし汁、スープ、ソース など。

的場 輝佳:
1972年京都大学大学院農学研究科博士課程修了。1991年奈良女子大学家政学部教授。現在、奈良女子大学名誉教授。関西福祉科学大学客員教授。元日本調理科学会会長。農学博士。

西川 清博:
1970年辻調理師学校(当時)卒業。海外のレストランでの豊かな研修経験と幅広い知識に基づく確かな技術に定評がある。辻調理師専門学校 西洋料理技術顧問。

木村 万紀子:
1997年奈良女子大学家政学部食物学科を卒業後、辻調理師専門学校を卒業。辻調グループ講師。

文章予測 読解力の鍛え方 (角川ソフィア文庫)

文章予測 読解力の鍛え方 (角川ソフィア文庫)

内容:

秀逸な文章で「予測」の技術を学べば、誰でもきっと「読み上手」になれる!

文章の読解力を伸ばすにはどうすればよいか? 答えは「予測」にあった! 幅広いジャンルの秀逸な文章で「予測」の技術を学べば、誰でもきっと「読み上手」になれる。作文にも役立つ画期的な「文章術」入門書。

第1章 文章理解とは?
第2章 予測とは?
第3章 問いの予測とは?
第4章 答えの予測とは?
第5章 予測の表現効果とは?

石黒圭:
1969年大阪府生まれ。神奈川県出身。国立国語研究所研究系日本語教育研究領域代表・教授、一橋大学大学院言語社会研究科連携教授。一橋大学社会学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は文章論。著書に『文章は接続詞で決まる』『「読む」技術』『日本語は「空気」が決める』(以上、光文社新書)、『よくわかる文章表現の技術I[新版]‐表現・表記編‐』『同II[新版]‐文章構成編‐』『同III‐文法編‐』『同IV‐発想編‐』『同V‐文体編‐』(以上、明治書院)、など多数。

文明論之概略 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)

文明論之概略 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)

内容:

日本人が、そして人類が目指すべき「文明」の姿を鮮やかに描く!

福澤諭吉は、明治8年に書かれたこの『文明論之概略』において、維新革命後の日本が迎えた新たな状況を考察し、社会に向けて「まずは西洋文明を目指すこと」を説いた。日本の近代化の歩みを決定づけた名著のひとつに数えられているが、それを全新訳したのが本書である。 確かな考察に基づいた平易で読みやすい現代語訳に解説を付した保存版。第一章 議論の本位を定めること 第二章 西洋の文明を目的とすること 第三章 文明の本旨を論じる 第四章 国民の智恵と道徳を論じる 第五章 前の議論のつづき 第六章 智恵と道徳の区別 第七章 智恵と道徳が行われるべき時代と場所とを論じる 第八章 西洋文明の由来 第九章 日本文明の由来 第一〇章 自国の独立を論じる 解説/人間・この豊饒なるもの 福澤諭吉

福澤 諭吉:
1835年大坂中津藩屋敷生まれ。54年蘭学を志し長崎に出る。翌年緒方洪庵適塾入門。56年福沢家の家督を継ぐ。58年江戸中津藩中屋敷に蘭学塾を開くが、翌年英学に転向。60年軍艦咸臨丸でサンフランシスコへ渡航。62年幕府遣欧使節随行員としてヨーロッパを歴訪。68年塾舎を芝新銭座に移転、「慶應義塾」と命名し、71年には三田へ移転。90年慶應義塾大学部を設置。1901年、66歳で死去

先崎 彰容:
1975年東京都生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。東北大学大学院文学研究科日本思想史専攻博士課程単位取得修了。フランス社会科学高等研究院に留学。文学博士。現在、日本大学危機管理学部教授。専攻は近代日本思想史・日本倫理思想史

メディアワークス文庫

DOUBLES!! ―ダブルス―4th Set (メディアワークス文庫)

DOUBLES!! ―ダブルス―4th Set (メディアワークス文庫)

内容:
高校テニス部凸凹コンビの青春部活ストーリー第四弾!
先輩たちにとっての引退試合となる都立戦。そこでの重い敗北を引きずったまま、駆たちの夏は終わっていく。
そんな中迎えた秋。悔しさを抱えたままがむしゃらに練習に挑む藤ヶ丘高校テニス部だったが、部内にはどこか険悪な空気が漂っていた。
部長の立場に悩み、部員たちと衝突する駆。エースの役目に拘り、孤立を深める琢磨。自身の無力をかみしめる直也。そして空回りする三人に言葉をかけられず悶々とする涼。
フジコーテニス部、まさかの崩壊危機!?
天沢夏月:
1990年生まれ、都内在住。『サマー・ランサー』にて第19回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》を受賞し、デビュー。瑞々しい感性で描かれる青春小説に定評のある気鋭の作家。
お世話になっております。陰陽課です4 (メディアワークス文庫)

お世話になっております。陰陽課です4 (メディアワークス文庫)

内容:
京都市役所「陰陽課」、冬は異人さん絡みのお仕事で大忙しです。
雪化粧に覆われた冬の京都。忙しい春明に代わり、祈理は陰陽課の公務を初めて一人で行うことになる。
春明に一人前と認められたようでうれしい祈理は、張り切って現場に向かう。しかし現場で呪詛の封印が解け、絶体絶命のピンチに陥ることに。そんな祈理を救ったのは、春明の元主である大陰陽師安倍晴明で――!?
新米公務員×不良陰陽師の妖怪お助け物語、第4巻は京都の平和を揺るがす大事件が発生!? 祈理の公務員生活一年目、クライマックスです!
峰守ひろかず:
滋賀県在住。第十四回電撃小説大賞《大賞》受賞作『ほうかご百物語』(電撃文庫)でデビュー。妖怪もの専門作家になりつつあり、妖怪様と研究者様に感謝する毎日です。
明治あやかし新聞 二 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)

明治あやかし新聞 二 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)

内容:
新聞に掲載される妖怪記事には、優しさと温もりがありました――。
日がな一日サロンで惰眠を貪る日陽新聞社の記者・久馬と、役者崩れの妖美な男・艶煙。とある事件が切っ掛けで知り合った香澄は、彼らが行っている“妖怪記事によって人助けをする”という裏稼業を手伝う事となった。しかし、真実を知らない兄の主計は彼らと行動を共にする事を快く思っておらず「仕事を辞めろ」と言い、さらには同僚との見合いの席を設けてしまい――!?
香澄の恋も動き出す、大人気明治あやかし物語第二弾!
「産女の怪」「のっぺらぼうの怪」「河童の怪」三編を収録。
さとみ桜:
生まれも育ちも学校も勤め先も岐阜県某市の引きこもり系。ヒゲ、筋肉、オッサンが好き。趣味は睡眠。特技は迷子。最近は人生にも迷っているらしい。
いすみ写真館の想い出ポートレイト (メディアワークス文庫)

いすみ写真館の想い出ポートレイト (メディアワークス文庫)

内容:
彼の写真は“過去”を切り取る――。カメラが想いを繋ぐフォトミステリー。
祖父が遺した「いすみ写真館」を継ぐこととなった駆け出しのカメラマン・透。彼には不思議な力があった。
“裸眼でファインダーを覗くと過去の写真を撮ることができる”――。
扱いを間違えれば、とても危険なその力を、お人好しの透は人助けのために、少しずつ使うことに決めた。
無くしたものを探すために。疑惑の真相を調べるために。消えた少女を見つけるために。
写し出された人々の笑顔と、時には涙に触れながら、彼はシャッターを切り続ける。
周防ツカサ:
長崎県在住。2005年に『インサイド・ワールド(電撃文庫刊)』でデビュー。カメラとコーヒーをこよなく愛する西の果ての住人。
フレンチ女子マドレーヌさんの下町ふしぎ物語 (メディアワークス文庫)

フレンチ女子マドレーヌさんの下町ふしぎ物語 (メディアワークス文庫)

内容:
ニッポンの下町はとてもクールですネ! フレンチ女子の下町ほっこり人情物語。
私の名前はマドレーヌ。フランスの田舎町から和裁を学ぶために日本にやってきました! 日本に来て驚いたのは、夜でも町が明るく安全で、コンビニは便利で電車は時間通り、カフェの店員さんのサービスも最高! ひとつだけ残念なのは、着物を着ている人がほとんどいないことです。
ある日、古民家でルームシェアをしている華ちゃんから、フィナンシェの美味しい商店街の洋菓子店に誘われたのですが……そこには、フランス生まれの私には想像もつかないドラマが待っていたのです。
由似文:
ここ十年の間に西日本を転々とし、数年前から関東進出。関東のうどん出汁は濃いと聞いていたけれど、結局『丸亀製麺』しか行っていないのでよく分かりません。
アヤカシ絵師の奇妙な日常 (メディアワークス文庫)

アヤカシ絵師の奇妙な日常 (メディアワークス文庫)

内容:
「人間とアヤカシは本来相容れないものだから」優しくて心温まるアヤカシ画譚。
憧れだった美大に通うことになる白川実乃里。しかし実際に大学生活を送るうち、理想とはかけ離れた現実を知り、彼女は落胆する。
教師からの厳しい指摘、友人の才能への劣等感――次第に自分の夢に対して迷いが生じてくる……。
そんなある日、彼女は大学近くにある池で、不思議な青年と出会う。学内で「妖怪画家」と噂される彼の名は、一色真澄。その本業は、人間との共存が難しくなったアヤカシたちの悩みを解決することだというのだが――!?
相原罫:
群馬県出身。東京都内の美術大学を卒業後、書店員のアルバイトを経て製本会社に就職。本作が初の著書となる。
スピンガール! 海浜千葉高校競技ポールダンス部 (メディアワークス文庫)

スピンガール! 海浜千葉高校競技ポールダンス部 (メディアワークス文庫)

内容:
ポールダンス×部活!? 自分を好きになれない少女たちの、熱くて泣ける青春物語!
『一人でだって、輝ける』
人と関わることが苦手な高一の少女・舞。一人でステージに立つことを夢見て、中学時代のトラウマから、競技ポールダンス部設立を目指す舞だったが、周囲は猛反対。部設立を認可する条件として、“大会入賞”を言い渡されてしまう。しかも、過去に暴力沙汰を起こし停学していた問題児の先輩・郁斗とダブルスを組むことになり――!?
自分を好きになれない少女と少年たちの熱い青春成長ストーリー、開幕!
神戸遥真:
千葉育ちの東京在住。電撃小説大賞への応募を経て今作でデビュー。学生時代に部活で培った根性的なものを大事にしている好奇心旺盛な社会人。地図と二次元と取材が好き。
お先に失礼します! 共働きパパが見つけた残業しない働き方

お先に失礼します! 共働きパパが見つけた残業しない働き方

内容:
磨け、帰宅力!

「残業はできない。だけど仕事が終わらない」
「休みたいけど、同僚からの視線が気になる……。」
残業をしない。休みを取る。
ただそれだけのことが、なぜこんなにも難しいのだろう?
IT企業で7年間の原則定時退社を続け、半年間の育休を取得した3児のパパがたどり着いた残業しない働き方とは。

仕事以外にも“大切にしたい時間”があるあなたに贈るお役立ちエッセイ!

中村一:
企業に勤める兼業作家。三児の父。趣味は掃除、洗濯、整理整頓など。第15回電撃小説大賞応募をきっかけに、2010年にデビュー。他の著作に『ココロ・ドリップ』『明日から本気出す人たち』(いずれもメディアワークス文庫)、『~覚醒遺伝子~ 空を継ぐもの』『ちびとも!』(いずれも電撃文庫)などがある。