Garden of Words ~文庫の新刊情報発信ブログ~

しばらく活動を休止します。ひょっとしたら少し形を変えて別のブログと更新を統一するかもしれないので、またその時アナウンスします。

2017/9/30発売【雑学】文庫新刊

三笠書房

王様文庫

面白いくらい当たる!「心理テスト」: もう、何も隠し切れない! (王様文庫)

面白いくらい当たる!「心理テスト」: もう、何も隠し切れない! (王様文庫)

内容:
「ここまでわかって、いいの!?」
金銭感覚、ピンチの時の判断力、心の奥に潜む弱点、恋愛のヒミツ……
「あなた」と「あの人」の意外な一面が見えてくる!
「心の世界」の旅に出かける本!
*ペットを飼うなら、どんなのがいい?
*ショートケーキはイチゴから食べる? それとも……
*写真に落書き――何を書く?
何気ない行動から、知っているようで知らない
「心の奥底」が、面白いくらい浮かび上がる!
読み出したらとまらない、ドキドキの51問!

たとえば、こんなときに役立ちます!
★「気になる異性」の本心を知りたい
★「進路」や「将来」について迷っている
★恋人のケチ度、ミエっぱり度を調べたい
★自分の中に隠された「才能」や「欲求」が気になる
★「恋のライバル」に差をつけたい

亜門虹彦:
1961年、東京生まれ。横浜市立大学卒業。心理アナリスト、カウンセラーとして、雑誌やテレビなどで活躍。ゲーム理論と深層心理学を応用し、企業や自治体の採用計画・社員教育計画に携わる。また、子どものための才能開発プログラム、ビジネスマンや働く女性のためのストレス・マネジメントプログラムなどの企画、開発に取り組んでいる。池袋の喫茶店「本格珈琲 昭和」のオーナーとしても有名。
著書に、『眠れないほどおもしろい心理テスト』(三笠書房《王様文庫》)などがある。

本当は怖い日本史: 勝敗と、策略と、欲望と、裏切りと― (王様文庫)

本当は怖い日本史: 勝敗と、策略と、欲望と、裏切りと― (王様文庫)

内容:
「隠された歴史」にこそ、真実がある!
時代を動かした人物の知られざる「裏の顔」、正義を体現すべき権力がはらむ闇、いまだ解き明かされない「史実の謎」が示すもの、歴史のはざまに見え隠れする怨霊や呪詛、人々を惑わし続けた愛憎と謀略――

坂本龍馬を暗殺した“裏切り”の人物
◆亡夫・豊臣秀頼の呪いに苦しみ続けた千姫
島原の乱を率いた「天草四郎」は、架空の存在?
◆落馬説はねつ造? 源頼朝の死にまつわる“謎”
◆超能力者説が囁かれた聖徳太子の「預言」
◆日本史上最恐の「崇徳院の怨霊」はなぜ生まれたか

教科書に書かれてきた日本史は、「海に浮かぶ氷山の一角」にすぎない。
日本史に名を残した誰もが知る人物たちは皆、多かれ少なかれ、深い闇を隠し持っていた。
歴史の真実を知るとは、その氷山の下の闇にまで、深く下りていく行為なのではないか。
──堀江宏樹

堀江宏樹:
1977年生まれ、大阪府出身。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒。
日本、世界、古代、近代を問わず、歴史の持つ面白さを現代的な視点、軽妙な筆致で取り上げている。
綿密な検証と考察、臨場感溢れる描写には定評がある。
主な著書に『本当は怖い世界史』(三笠書房《王様文庫》)、『乙女の日本史』(KADOKAWA)、『乙女の真田丸』(主婦と生活社)、『三大遊郭 江戸吉原・京都島原・大坂新町』(幻冬舎)などがある。

「賢くお金を使う人」がやっていること (王様文庫)

「賢くお金を使う人」がやっていること (王様文庫)

内容:
こんな感覚に覚えはありませんか?
●一万円札を一度崩すと、あっという間になくなってしまう
●「あと○○円買えば送料無料」だったので、その額に達するまでの商品を購入した
●レジ前にあるガムなどに、つい手が伸びる……etc.
よく考えて大事に使っている人ほど、「お金の心理のワナ」に陥りがち。
たとえば――
□「ランチビュッフェ」で元は取れるのか?
□旅先でのショッピング、無駄遣いを防ぐなら「午前」?「午後」?
□「自分へのご褒美」は悪魔のささやき
□便利な「オートチャージサービス」の落とし穴
□「ポイント貧乏」「マイレージ貧乏」にならないために……
人気経済コラムニストが、「賢く楽しくお金を使うコツ」を紹介!
「お金」と「心理」のふしぎを知って、財布のひもを上手にコントロールしましょう。

大江英樹:
経済コラムニスト。オフィス・リベルタス代表。
大手証券会社に38年間勤め、そのうち25年間は個人の資産運用業務に従事。さらに、確定拠出年金制度に加入する人たちへの「経済や投資の基本テキスト」などのコンテンツを制作。2012年、定年退職しオフィス・リベルタス設立。経済やお金、定年後の生活の知識を伝える活動を行なっている。年間100回を超える講演やテレビ出演、雑誌や新聞などへの執筆活動では、その語り口とわかりやすさには定評があり、特にセミナーは多くのファンから大好評を得ている。
主な著書にベストセラーとなった『定年男子定年女子』(共著)の他、『教科書にないお金の増やし方・守り方』、『知らないと損する経済とおかねの超基本1年生』など多数がある。